こんにちわ。

山下です。

 

先日、ブログ及びメルマガで

告知したとおり、6月初旬に

オンラインセミナーを開催します。

 

内容としては、

・ヤフオクのリサーチ方法

・在庫切れ商品のリサーチ方法

・業者仕入れのリサーチ方法

 

この3つで考えています。

かなり濃いノウハウなので、

通常のブログやメルマガでの

公開をすると、拡散されてしまう

かと思いますので、限定しての

公開とします。

 

是非、メルマガ及びLINE@の

ご登録お願いします。

 

さて今回は、以前の記事でも

紹介したAmazonの検索コマンド

についてですね。

Amazonの在庫切れ商品を簡単に調べる方法!

&pct-off=-0&sort=-salesrank

以外にも実は同様のコマンドは

たくさんあります。

 

これらを解説していきますね。

 

検索バーで使えるコマンド

Amazonの「検索バー」とは、いつも

商品を検索するときにキーワードを

入力する箇所です。

そこでも、いくつか機能が隠れて

いるので、解説をしますね。

-(マイナス):特定のキーワードを除外する

「検索キーワード -除外キーワード」

と入力すると、マイナス「-」のあとに

入力したキーワードを含む商品を、

検索結果から除外することができます。

例として、キーワードに「カップヌードル」

検索してみます。

様々な種類のカップヌードルが検索され

ます。

 

味噌とビッグを除外したいなら

下記のように設定すれば、表示されなく

なりました。

さらに除外キーワード複数利用することも

可能です。複数追加して、検索結果に

反映させることもできるので、便利です。

|(バー):OR検索

キーワードとキーワードの間に「|(バー)

を挿入すると、いずれかのキーワードを含む

商品がヒットします。

(フリマウォッチと同じ仕様ですね)

 

例で、「フルグラ」と「糖質オフ」のキーワードを

AND検索とOR検索で比較してみました。

AND検索

「フルグラ」と「糖質オフ」両方の

キーワードに関連する商品しかヒットしません。

 

OR検索

「フルグラ」と「糖質オフ」どちらかの

キーワードに関連する商品が表示されます。

 

このとき、「|」を使った検索方法も、

マイナス「-」のときと同様に複数の

キーワードで併用することができます。

例:カルビーフルグラ糖質オフ

 

 

アドレスバーで使えるコマンド

アドレスバーとは、httpとかから始まる

URLを記載しているバーのことです。

 

【アドレスバーで使えるコマンド一覧】

★並び替え系コマンド

&sort=-price
または
&sort=price-desc-rank
価格の高い順に並び替え
&sort=price
または
&sort=price-asc-rank
価格の安い順に並び替え
&sort=titlerank アルファベット順(AからZへ)に並び替え
&sort=-titlerank アルファベット順(ZからAへ)に並び替え
&sort=salesrank 売れている順に並び替え
&sort=-salesrank 売れてない順に並び替え
&sort=-releasedate 発売日の新しい順に並び替え(発売日未定商品を含む)
&sort=date-desc-rank 発売日の新しい順に並び替え(発売日の記載がある商品のみ)
&sort=popularity-rank 人気度の高い順に並び替え
&sort=review-rank レビューが良いに並び替え
&sort=-review-rank レビューが悪いに並び替え

 

★絞り込み系コマンド

&pct-off=○○-
○○%OFF以上の商品を表示する
&pct-off=-××
××%OFF以下の商品を表示する
&pct-off=○○-×× ○○%~××%OFFの商品を表示する
&low-price=○○ ○○円以上の商品を表示する
&high-price=×× ××円以下の商品を表示する
&low-price=○○&high-price=×× ○○円~××円の商品を表示する

コマンドの使い方

どのコマンドも、基本的な使い方は同じです。

まずは、いつもどおりカテゴリーを選択し、

キーワードを入力して検索します。

※カテゴリー選択後、キーワードを入力せず

に検索をクリックしてもOKです。

 

検索結果が表示されたら、アドレスバーに

あるURLの一番最後(右端)にカーソルを

合わせます。

 

よく間違えやすいポイントとしては、

コマンドは、URLの一番最後に入力する

ということです。

誤って、Amazonの検索バーに入力してしまったと

聞くことがあります。

全く意味がないので、ご注意ください。

 

また、コマンドを使うときは、

絞り込み系コマンド同士は併用可能ですが、

並び替え系コマンド同士は併用不可です。

並び替え系コマンドを複数入力すると、

URLの中で順番が初めにきているコマンド

が優先されて並び替えられます。

 

一例を出せば、

&pct-off=30&high-price=10000

と入力すれば、

30%OFF以上かつ5000円以下の商品に

絞り込むことができます。

 

また、並び替え系と絞り込み系の併用は

可能ですので、

&pct-off=30&high-price=10000&sort=review-rank

と付け加えれば、

30%OFF以上かつ5000円以下

レビューが良い順に並び替えがされた

状態を表示させることができます。

 

いろいろとコマンドを組み合わて

リサーチの効率化に役立ててください。

 

今回はこの辺で、次回以降に

コマンドの活用方法の詳しい

解説をします。

 

ご購読ありがとうございました。

 

メインブログ・・・副業でも30万以上稼げる情報が満載!!

メルマガ配信中・・・登録でリサーチ動画・リスト100件・マル秘ノウハウなど登録特典満載!

LINE@ 毎日転売Times及びお得な情報を配信中!!